株式会社新日本システム開発 ビーマック6400

新日本TOP.jpg

新開発のファイバーレーザー
BEAMAC-6400 (ビーマック)

機械構造を徹底的に追及し、究極の価格を実現

株式会社 新日本システム開発が満を持して開発しました
最新ファイバーレーザーシステム、ビーマック6400をリリースです。
長年のNC自動切断機のノウハウを生かした高いパフォーマンス、
ローコスト切断機の製造を実現しました。
製品名 BEAMACー6400 (ビーマック6400)
最大加工サイズ 1830mm x 4000mm
早送り速度 48m/min (MAX)
ファイバーレーザー出力1kw (IPG製)切断可能板厚 2.3mmMAX
用途に応じて各サイズ切断機、発振器(1kw,2kw,5kw)の組み合わせが可能です。
別途、図形入力ソフト等の作成をお受けいたします。

製品名
BEAMAC-6400 (ビーマック)
DSCF0221-1.JPG

圧倒的にコストダウン!ファイバーレーザー本体価格

市場の約半額になるコストパフォーマンス

リプレースご検討中の企業様は必見です。

DSCF0217-1.JPGファイバーレーザー本体の価格は、大きさにもより異なりますが、この度、株式会社新日本システム開発では、その価格を市場の約50%OFF程度でご提供することに致しました。
今の厳しい日本経済の中、ご利用されるユーザー様が、良いものを安く利用できればとの弊社の強い信念の元、長年、研究開発に月日を費やしまして完成させた安定度抜群の商品です。

リース期限が近いユーザー様、故障が多くなってきた企業様のご担当者様は必見です。
是非、導入した際の技術的な面と、導入経費を過去のものと比較していただきまして、
ご検討を頂けましたら幸いです。

CO2レーザーと比較して圧倒的なランニングコスト削減を実現!⇒経費比較ページへ

ファイバーレーザーの動力に窒素ガスは基本的に不要です。

ガス料金のランニングコストを圧倒的に削減できます。

ファイバーレーザー本体を動かすためには、現状は窒素ガスを利用したシステムが市場規模の90%以上を占めておりました。しかし、株式会社新日本システム開発が、この度、開発したファイバーレーザービーマック6400は、今まで利用しておりました窒素ガスは基本的に不要です。レーザーガスが不要なことや機構的に外部光学装置が少なく、CO2レーザーに比べて70%以上削減可能な優れた経済性を持ちます。
従来使用している窒素ガスは基本的に不要です。高圧圧縮空気(1~3Mps)
を使用することにより、大幅なコスト削減を可能にしました。
今まではファイバーレーザーを動かすために、CO2レーザーが業界の主流でした為、
ガス料金を月額30万円~40万平均で利用していた企業様にとっては、大切な経費を圧倒的に削減する事ができます。

導入経費を考えましても、リプレース後のランニングコストであるガス料金が不要になる事で、本体価格と比較検討されては、いかがでしょうか。最新のシステムを最高の技術でお答え致します。是非、ご検討を頂けましたら幸いです。

News